2009年11月17日 (火)

今週の温泉

今週は無線関係の井戸吉ミーティングで福井県丹生郡越前町の「料理旅館かねとも」に宿泊。期待して行った訳では無いが、この宿温泉であった。当然ながら循環消毒ではあるが、Na炭酸水素塩硫酸塩泉という事で、ぬるぬる感のあるちゃんとした温泉だった。源泉温度 39.3度という事で、弱く加熱しているようだが、日本海の眺めが良い、気持の良い温泉だった。

まあ湯はそこそことして、さすが本場カニ料理は美味かった~....思い出しても、「さしみ」「丸々1パイの茹でカニ」「半身の焼き」「焼きカニ味噌」「天ぷら」「なべ+おじや」。他にも「海鮮のさしみ」「茶碗蒸し」「前菜」...こんだけか?

やっぱり茹でカニ丸々が一番かな。味噌がたっぷりあって、酒がすすんだ。ふ~...

| コメント (0)

2008年1月29日 (火)

今週の温泉

ここのところやたらと仕事が忙しい。まあ正月明けに中国出張が重なったのだから、仕方が無いとも言える。

遅ればせながら、1月12日-13日は例年のごとく富山県の氷見まで出かけ、寒ブリを楽しんだ。大阪方面からはJA5RWY+XYL、JG3IFX+XYL、JL3IQEの合計5名。途中越前海岸方面観光にと鯖江ICで下りて海岸方面へ。越前がにミュージアムとやらでイベントをやっていたので、例により見物。足の長いカニは沢山販売していたが、重くて大きな、四角く黒い越前ガニは展示・販売していない。当然だがちょっと残念...(゚゜)バキッ ☆\(--;)

途中越前岬水仙ランドで満開前の水仙を見物して北上、昼食の後入ったのが「国民宿舎 鷹巣荘」。昼飯のレストランで見つけたパンフレットに書かれた「掛け流し」の文句に引かれて入ったが、これが大当たり。大体が福井県ではロクな温泉に当たった事がなかったが、ちょっと福井を見直した。

料金は確か¥500と記憶しているが、浴槽からの展望が素晴らしい。さらに露天風呂からの展望も素晴らしいが、この日は強風が吹き荒れて、ぬる湯に長時間浸かるのはちょっと辛かった。冬の日本海からの季節風をまともに受ける、ロケーションが良すぎるということか。湯は素晴らしい。アルカリ性単純泉、無色透明無味無臭と書くとその辺りの無理矢理温泉かと誤解するが、49℃の源泉を直接投入した新鮮な湯は、ほのかに硫黄の香りが漂い心地よい。湯口に飲泉用コップも置かれ、飲んでみるとまたまた美味しい。今回の掘り出し物であった。

温泉から上がったあとは、一路氷見へGO!

| コメント (0) | トラックバック (0)