2018年8月31日 (金)

夏のローラー

今年の夏は暑かった...いや現在進行形だから、暑い...か。大阪でも連日35度以上どころか、下手すると37度を上回る事もある。この猛暑の中の夏のローラー、70歳目前の体には堪える。
 
8月8日、早めに仕事を終えたJR2ULSさんが、夕方には自宅に迎えにきてくれる。早速荷物を積み込んで出発。行ける所まで走ろうと頑張って、山陽自動車道、防府市の富海PAにて仮眠。それ程暑くなく助かった。

8月9日(木)夜明け前に出発。そのまま高速道路を走って九州上陸。今回の第一ポイントは、福岡県北九州市門司区。新門司海浜公園横の空き地。
https://www.mapion.co.jp/m2/33.89816884189922,130.98522661293126,15
6時過ぎから運用開始し、3エリアまではGW、それ以遠はMSにて待ち受け組と交信。晴天で太陽がガンガン。この日も暑くなりそう。

早々に撤収し、お隣の北九州市小倉南区。文化記念公園駐車場。
https://www.mapion.co.jp/m2/33.82006963994809,130.92825649346287,16
どうせMS限定交信と思っていたら、8時を過ぎてから不安定ながら7-8エリアのEsがオープン。でも相手はあまりいない....
 
福岡県京都郡苅田町。苅田港緑地公園。
https://www.mapion.co.jp/m2/33.77269069236618,130.99359510505658,14
確かに7-8のEsはあるが、何分平日という事もあってか、お馴染みさんとの交信が終わると閑古鳥が泣き始めるので早々に撤収。
 
福岡県行橋市、行橋総合公園駐車場。
https://www.mapion.co.jp/m2/33.738482033311875,131.01642606818814,17
相変わらず強くはないがEsもあり、なかなかのコンディションながら、晴天の平地は暑い...堪らん。
 
福岡県築上郡築上町、海岸の堤防上。ロケは良い。
https://www.mapion.co.jp/m2/33.66230430424638,131.06582699381755,16
7-8エリアの不安定なEsはずっと続いている。

昼食の弁当街道の弁当屋で昼食の後、福岡県豊前市。
豊前市民プール第2駐車場。
https://www.mapion.co.jp/m2/33.624199052383055,131.1177787002198,19
Esは残っているものの、完全に昼枯れ!FT8のみの運用!

今日の泊りは酷暑を避けて大分県中津市の八面山登る。
https://www.mapion.co.jp/m2/33.499623832772734,131.22166870197918,15
さすがに山の上で、FT8だとGWでもそこそこ呼ばれる。夜になってFAIも有るにはあるが、弱くて数局のみ。

8月10日(金)まだ平日なので、多くの局はお仕事中!
出勤前に間に合うよに暗いうちから行動開始。九州は夜明けが遅くて、こんな時は不便だ。暗闇の中ランプ頼りの撤収。
 
大分県宇佐市、総合運動場駐車場。
https://www.mapion.co.jp/m2/33.53695020575553,131.35956643183363,17
大分県の海岸だと、何とか3エリアまでGW圏内に入る。ペルセウス座流星群は極大日に近づいて好調。MSK144も運用してみたが、1エリア辺りはMS最適距離になるので、楽々交信できる。

早めに撤収して、一旦福岡県築上郡吉富町の漁港近くへ引き返す。
https://www.mapion.co.jp/m2/33.6205651660155,131.18198273740032,16
MSは相変わらず好調。8時半位からEs発生。やがて1エリアまで拡大し、各局から呼ばれる。ここの所午前のEsが好調のようだ。9時半まで遊んで撤収。

福岡県築上郡上毛町、山国川堤防上。
https://www.mapion.co.jp/m2/33.584146371533755,131.17109296880145,17
Esは継続中だが、不安定で相手は多くない。昼前まで遊んで撤収。

ここで周防灘沿いを離れて、山へ分け入る。昼食に耶馬渓にて名物?の蕎麦を属するが、相変わらず蕎麦の味はよ~わからん。山間部を縦断して、大分県玖珠町に出、そこから熊本県に入り、小国町へ。
今日の温泉は、特にお気に入りの奴留湯へ。特に夏場はとても気持ちが良い。ここで後発のJA5RWYと合流。小国町で買い出しの後、この日も酷暑を避けて阿蘇の山の上に登る。
 
熊本県阿蘇郡産山村/阿蘇市
https://www.mapion.co.jp/m2/33.0246408488098,131.15714548192594,15
この日は糸島からJE6HJTさんも駆けつけてくれ、4人揃っての合同宴会でワイワイと楽しむ。夜のFAIも絶好調で、3エリアまでFAI。多くの局と交信できた。
  
8月11日(土曜日)。何やら山の日というものも出来たらしいが、土曜と重なったのは意味もない。この日からは同乗する車を変えて、しばらくはJA5RWYと同行する事になる。
  
阿蘇を超えて、山を下り熊本県菊池市へ。予定していた菊池市体育館の駐車場は鎖が掛かり閉鎖されていた為、別な場所を探す。
熊本県菊池市(旧七城町)七城運動公園駐車場。
https://www.mapion.co.jp/m2/32.96558397731285,130.75964210597417,17
ペルセウス座MS絶好調。7時前からは1エリアはEsだったかも?
  
熊本県山鹿市。最初に目指した道の駅周辺は東方向に丘がありロケ悪し。適当に走りながら場所を探し、堤防下の水利施設?駐車場をお借りする。
https://www.mapion.co.jp/m2/32.983567078222016,130.73485849467997,16
さすが土曜日、MSやらEsやらで多くの局に呼ばれて、9時前に撤収。さらに西へ進む。
 
熊本県玉名郡和水町、山が迫ってきてなかなか良い運用地が無いようなので、工事中の堤防へ乗り込んで設営。(お盆休みで工事が休止中?)
https://www.mapion.co.jp/m2/33.022158070973305,130.6223130044308,17
ロケは悪くてもコンディションは最高で、1エリア以遠のEsで多くの局と交信できた。しかし...日が高くなってくると暑い。
 
熊本市北区(旧植木町)、熊本県も、平成の大合併で多くの町村が合併で消滅してしまい、移動隊としては楽になったというか、寂しくなったというか、微妙な所。
3号線沿いの吉松スポーツ公園駐車場。この暑い中でも少年野球に頑張る少年たち。応援の父兄達。ご苦労さま。
https://www.mapion.co.jp/m2/32.9350547291673,130.70309041111202,17
7-8のEsはまだ残っている。
  
今日の泊りは熊本市西区の山の上。JI6IHGさんが先行して待っていてくれる。
熊本市西区、金峰山。頂上下の駐車場。丁度おあつらえ向きに東方向が開いている。
https://www.mapion.co.jp/m2/32.81609646680383,130.63878176777993,16
朝分かれたJR2ULSさんも再合流して、今日も4人で連日の合同宴会。
EsやFAIも好調で、宴会だけでなく無線も頑張った。山の上なので、涼しく寝ることができるが、夜中に登ってくる車が多くうるさい!

| コメント (0)

2011年10月31日 (月)

今週の温泉?

週末は、田舎の母親が施設に移り、家の最終整理の為に八幡浜に帰郷。都合により、金曜の夕方会社を出て、まずは徳島の某氏の家に一夜厄介になる。温泉はいつもの「あいあい温泉」。加熱・循環・消毒付き、だが塩分濃度の濃いNa・Mg塩化物泉。貧温泉県徳島としては、貴重な温泉。

翌朝ゆっくり目に出発し、西条経由で八幡浜へ。荷物の片づけは簡単に終わり、掃除をして全て完了。これで一連の引越、片づけも一応終わり。窓の外の手すりに、まだ新しいTVアンテナがあったので、某氏亭にあったアンテナを思い出し、早速同軸ケーブルと一緒に回収。これでローラー中、電界強度の弱い田舎でもTVを楽しむ事ができる。しかし、段々荷物が増えてくるな~。

夜は兄弟と母親が久々に揃って会食。注文してしまった900mLの芋焼酎を、すぐ上の兄と二人で空にする。悪酔いも二日酔いもせず、翌朝起きられたのは、焼酎だったからか?調子に乗っての飲み過ぎには注意しなくては(今週末!)。

帰りは西条に途中下車。ついでに湯ノ谷温泉に立ち寄る。おかしいな~。冷たい源泉から硫黄の臭いが無くなっている。確かに以前は結構匂ったのに...だんだん薄くなってきているのかな?

さて来週(と言うか、今週末か)、今度は八幡浜の対岸である別府で井戸吉ミーティングだ。毎週のお出掛けだが、こいつは外せない。折角だから1日休みを取って4連休にした。今回は無線機は持っていかないつもりだったが、やっぱり最低の設備1式は持っていくかな~。でもANT上げる時間あるだろうか?

11月3日 広島市→宮島→秋吉台という工程を考えたが、あちこちからANT上げろ~の声が掛かりそうで怖い。時間はおませんで~。

11月4日 秋吉台は、今は美祢市なのか~。MS位は....。その後は長門市→下関市→門司を廻って、豊前が行橋辺りまで。

11月5日は、昼頃までに別府に入って、皆さんと久しぶりにワイワイやるかな。楽しみなり。

| コメント (2)

2011年2月28日 (月)

今週の温泉

2月26日春の陽気に誘われて、近所の錦織公園に梅を見にいく。春は間近だ、無線ももうすぐだ....そろそろ設備点検の用意もしなくちゃ。

夕方はご近所温泉、羽曳野の華の湯へ。時間が早いせいかそれ程の混雑もなく源泉浴槽にてゆったり...春や~

2月27日、大阪市内の義姉の所に荷物を運べという指令。ついでに尼崎のつかしん湯の華廊へ立ち寄る。久しぶりだが、ここも源泉掛け流し。源泉壺をゲットして一眠り。遠出はしなかったが、温泉三昧の週末だった。最後まで残っていた風邪の後遺症(咳)も、大分良くなって正常復帰。

| コメント (2)

2010年11月12日 (金)

今週の温泉

11月7日(日曜日)

前日の泊まり場を「道の駅犬狭」と決めたのは、すぐ下の関金温泉関の湯が早朝から営業しているのを知っていたから。予定通り7時過ぎには関の湯に飛び込む。すでに朝湯を楽しむ地元のおっちゃん連中で結構賑わっている。一部ネット情報では、塩素消毒との記事もあるが、湯口には「飲泉可」の札が掛かっているので、今は源泉そのままではないかと思われる。ただ以前は浴槽の下側で男湯と女湯が繋がっており、女性連中のおみ足を眺めながら入浴しどきどきしたもんだが、無粋にもきっちり塞がれてしまっていた。

無色透明の適温、きれいな湯は良い。しかし...おっちゃん連中のマナーは良くない。まあおらが家の家庭風呂の延長なのだろうが...こっちはよそ者、静かに眺めるのみ。

朝風呂の後は、大山の山裾をぐるっと廻りながら紅葉を楽しむ。この時期大山は紅葉を目指して大勢の観光客で賑わっている。観光客をかき分けかき分け、大山から蒜山に廻り、丁度ソバ祭り開催中の湯原へ帰ってくる。今度はここから山越えで奥津温泉へ。

本当なら久しぶりに奥津荘に入りたかったが、この日も時間切れ。11時~14時の時間に限定されると、旅の者には辛い時間帯だ。ただ今14時過ぎ。仕方なく今回もお隣の東和楼さんにお世話になる。今回はしっかり温泉手形持参だ。湯は奥津荘も東和楼も変わらないと思う。奥津側の河原から湧く湯を足元から注いでいるようだが、雰囲気は奥津荘の鍵湯が一枚上か。湯上がりの眺める志功も楽しい。また次回に取っておこう。

帰りは、中国自動車道の大渋滞。抜け道のつもりで突っ込んだ六甲北有料道路は事故渋滞。えらい目に遭ってしまった。

| コメント (0)

今週の温泉

11月6日快晴

ちょっと出遅れて中国道で渋滞。予定変更でまずは岡山県備前市の閑谷学校へ。朝一番だったので一番奥の駐車場を難なくゲットできたけど、すごい車の量。観光バスも大量に来ている。シンボル?である楷の木の紅葉が真っ盛りという事もあるのだろうが、大観光地なんだぁ。学校自身はなかなか見応えがあった。

この日は、近所の備前焼はパス。丁度昼前になったので日生へ向かい、前回食べ損なった「かきおこ」に挑戦する。昼前なので大丈夫かな、と思ったが甘い。人気店は既に行列。並ばなくてもすぐに食べられる店、泉富久へ。別にまずい訳ではなく、入り口の割に席数が多い(奥で別入り口の居酒屋と繋がっいる)→行列にならない→並ぶのが好きな観光客が並ばない→ますます空き席ができる...という事だとは思うが、並ばなくても良い店があるのはありがたい。なかなか美味であった。牡蠣が10個入っている、これで¥800ならお得だ。

その後、同行者の希望で、玉野市の宇野港へ。絵手紙関係のイベントを見て回るともう夕方。ここまで来れば良い温泉に入ろう。高速を飛ばして湯原へ向かう。但し温泉は湯原では無く、ちょい下の、お馴染み真賀温泉。幕湯の料金を払ってドアーを開けると、妙齢のご婦人が着替え中。ちょっと遠慮して外で待たせてもらう。夕方という事もあってか、そこそこ混雑しているが、まあ最大6名定員?の湯舟に常時4-6人という事で、問題無く入浴。いや~やっぱりここの湯はええぞ。

ゆったりとぬる湯を楽しんでいると、2名様が新ご入場。近づいてみると、一人はおばちゃんだった。タオル隠すでもなく堂々のご入場だったので、すぐ傍にに来るまで分からなかった。まあ年齢が年齢なので、違和感はあまり無いが...

しかし...なんでここの混浴率はこんなに高いのだろう。まず100%と言っても良い。まあ良い湯という事は分かるが、ゆっくり入っておられない...

真賀温泉はええぞ...

泊まりはしばらく走って鳥取県に入った所の「道の駅 犬狭」と決定。しかし..食料を買い出そうとコンビニを捜すが、全然無い。湯原の町中にも無い。ナビで検索しても無い。いや~まだ日本(それも岡山県)にこんな所があるんだ。仕方なく湯原の酒屋でビールを調達。飯は日生で仕入れていた弁当のみとする。まあ湯は沸かせるので、何なりと食べるものはある。人気の無い静かな道の駅駐車場で宿泊。良く寝た~。

| コメント (0)

2010年10月21日 (木)

今週の無線3

この日同行の大田区伊藤さんと相談。少し時間に余裕があるので、さらに1湯欲張る事にする。一旦お迎えの柴さんの家に立ち寄り、ビッグアンテナを見物。これだけデカくでも、聞こえない、飛ばないとか。贅沢な...

伊藤さんに連れられて上野まで帰る。そこから動物園裏添いにせっせと歩いて着いた所は「六龍鉱泉」という名の、名前からしていかにも堂々というか、レトロというか...立派な普通の銭湯であった。湯はいかにも東京、黒湯である。事前に伊藤さんからレクチャーを受けてはいたが、やはり熱い。二つ並んだ浴槽の向かって右側は熱湯との事。わたしゃ左側のぬる目で十分。こっちでも十分に熱い。嬉しい事に、浴槽の蛇口を捻ると新鮮な源泉がジャンジャン出てくる。口に含むと、硫黄臭とおぼしき香りが...んん、なかなか侮れない。色は黒くて、ツルツル感も強く湯だが、意外に湯はあっさりしていて気持ち良い。長湯は出来なかったが、東京の黒湯を体感でき、しかも思いの外良い湯だったので満足。

案内して頂いた伊藤さんおおきに。一人ではこんな場所たどりつけそうもない。

風呂上がり、バスの時間まで少し時間があるので、さらに伊藤さんにお付き合い頂いて居酒屋で軽く一杯。....のつもりが3杯...(゜゜)バキッ!☆\(--;)

無事夜行バスにて帰阪。一旦家に帰ってそのまま会社の出勤。慌ただしかったが、充実の足かけ4日間週末旅行であった。来年のミーティングは別府温泉。またまた温泉漬けになりそうだ。 

| コメント (4)

今週の温泉2

成田でのミーティング終了後、帰りの夜行バスまでたっぷり時間があったので、私としてはレアーな千葉県の温泉を経験してみた。ミーティングスタッフの柴さんに連れて行ってもらい、印西市千葉ニュータウンの「真名井の湯」なるスーパー銭湯に入った。

都会地のスーパー銭湯という事で、全然期待していなかったし、睡眠不足なので一眠りするつもりでの入浴だったが、結論から言うと期待を裏切ってなかなか良かった...。料金は土日割り増しで¥800なり。まあそれでも近隣のスーパー銭湯に比べれば安い方なのか?

湯は...Na塩化物強塩泉という事で、結構強烈な塩味がする。色は茶色...と言っても、この手の温泉で良くある鉄分による錆色濁りではなくて、もう少し明るい透明感のある茶色。想像するに、モール成分による色ではないかと思うが、確かではない。独特の強い臭いがあるが、記憶によると分析表に臭素とよう素があったように思うので、その臭いか?(この部分自信無し)。加温・循環と思われるが、壺と樽?だっかかは、湯がオーバーフローしていたので掛け流し又は併用かもしれない。この源泉浴槽は結構ぬる湯で、前日からの酒を抜くには最適だった。ニュータウンの駅前で、これだけの湯に入れれば文句はない。

湯上がりに抜けた分のアルコールをビールで補給し、休憩室にて爆睡。なかなかお値打ちの温泉だった。

| コメント (3)

今週の温泉

成田で行われた井戸吉ミーティングに参加するついでに、何軒か温泉を訪問してきた。

10月16日、夜行バスで東京着。朝から開いている温泉を捜したが、あまり無い模様。どうやら江戸っ子は朝風呂がお好きではないのかな?とりあえず早朝から開いている事で有名な?大田区糀谷の「幸の湯」へ向かう。東京駅のコインロッカーで荷物を預け、身軽になってGo。品川乗り換えで京急羽田空港行きに乗ると、京急蒲田の次が糀谷駅。都会の真ん中の温泉と言って良いのだろうか。糀谷から商店街を抜けて、住宅地の中、マンションの1階にお目当ての幸の湯があった。東京の銭湯は今回が初めての経験。

湯は、他の代表的な東京の温泉である黒湯ではなく、僅かに黄色みを帯びているように見えるが透明のNa・Mg・Ca塩化物泉。だたしそれ程濃いものではなく、少し塩分を感じる程度。ツルツル感もあり、温泉らしい良い湯。東京の銭湯という事で激熱を覚悟していたが、源泉浴槽はそれ程熱くもなく、丁度適温。これなら私でも十分入れる。源泉温度が低いので、全て循環加温をしていると思われるが、塩素臭は感じられなかった。一番良いと感じたのが、1段高い所にあるサウナ前の水風呂。表示があった訳ではないが、これが一番源泉に近いのでは無いかと思われた。

夜行バスで疲れた腰を伸ばして温泉に浸かる。さて今日のミーティングは飲むぞ....

| コメント (3)

2010年8月17日 (火)

今週の温泉

8月8日 萩市の無線運用を終わって西へ走っているとき、長門市移動を撤収したJG3XTZ・小川さんから、温泉情報の問い合わせがあり。我々は長門湯本温泉に向かう旨を連絡。長門湯本なら、迷わず「恩湯」を推薦。駐車場に到着すると、丁度小川さんと入れ違い。「ええ湯やった~...」

無色透明で、ゆっくり長湯できるぬる湯。仄かな硫黄臭と泡付き。これぞ温泉の極致。山口のこの界隈なら№1のお勧め。「ええ湯やった~」。

8月9日無線もそこそこに切り上げ、これも恒例になった柳川の「せいろ蒸し」を食する。いつもの本吉屋が休みの為、№2と言われる若松屋に行く。少しごはんのもちもち度が少なく(餅米比率の関係?)、味が濃いような気がしたが、1年前の味と比較できるような敏感な舌は持ってないので何とも言えない。その後阿蘇方面に向かう。ここで外せないのが小国町の「奴留湯」。近くには黒川や山川のある大温泉地帯だが、特に夏場の奴留湯はもうサイコーである。ざあざあと掛け流される濃い硫黄臭のぬる湯に浸かっていると、時間を忘れてうとうと居眠りしてしまう。

少し残念だったのは、隣の公民館で合宿しているらしき高校生?の一群と遭遇したこと。どっと一時に押し寄せてきたので、そうそうのんびり湯に浸かっている訳にはいかなかった。外も雷ピカピカ、大雨ザアザアと賑やかであったが、適当に切り上げて阿蘇に向かう事とする。

| コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

連休ローラー・温泉編 後編

5月2日福島県猪苗代町横向温泉中の湯

土湯峠の猪苗代側、スキー場の下側にある、古くからの湯治湯。宿は古びたというか、貫禄があるというか....だが、湯は良い。透明に近い薄濁り、鉄臭・油臭。熱い浴槽とぬるい浴槽があるが、源泉が違うのか?つるつる感もあり、ゆったり入っているととても癒される。名湯と言って良い。男女共用の露天もあるが、少し熱い(適温とも言う)。もちろん女性は入っていない。露天風呂の行き帰りに、女性風呂が覗ける...(゜゜)バキッ!☆\(--;) 

男女浴室が窓で仕切られているが、なぜかオープンになっていて、上部がスケスケ。まあ半混浴の空気を残した湯治湯といったところか?男性浴室にあるぬる湯に、女性も入りにくるシステムらしいが、そんな勇気のある人はいなかった。

この日は山越えで土湯温泉か岳温泉に入ろうかと思ったが、時間的制約と車の多さに圧倒されて見送り。関東人の観光テリトリーに近づくにつれ、どんどん人が増える。

5月3日朝の無線運用の後、朝風呂に入る。福島県大玉村 安達太良温泉

山の中なので、すばらしい秘湯の湯を期待したが、ちょっと肩すかし。アルカリ性単純泉。オーバーフローはあるものの、源泉温度が低めの為、加熱循環兼用と思われる。ツルツル感はあり、それが温泉を感じさせる程度で、それ以外の特徴は無い。

茨城県いわき市湯元温泉さはこの湯。昼間三春町を観光し、夕方はいわき市の湯元温泉へ。何も知らなかったので、町中の「さはこの湯」へ。駐車場の廻りで車が順番待ち渋滞。これはいかんと、駅前のコインパーキングに駐車して徒歩で向かう。当然だが、車が一杯なのだから人も一杯。湯自身は硫黄臭のするすばらしい物なのだろうが、なにせ人が多すぎる。本来の湯というより、人間の洗い汁に入っている感じ。ちょっと熱めの事もあり、早々に退散。ちょっと場所選びを間違えたようだ。となりの旅館に¥800で入った方が良かったか?

5月4日茨城県石岡市 やさと温泉ゆりの郷

加熱、循環消毒付き。元は単純温泉で、源泉浴槽もあるのだが、水風呂と変わりなし。現に、サウナの水風呂としてしか利用されていないと見受けられた。1日一度の風呂代わりとしては、無線運用場所に近くで便利だった。しかし...休日¥1000は痛いぞ。

5月5日長野県木曽郡木曽温泉ホテル

木曽町の山の中にポツンと建つ、公営風のホテル。日帰り入浴¥500なり。湯はNa・Mg・Ca-炭酸水素塩、塩化物温泉。鉄分で茶色くなったよさげな温泉。石鹸・シャンプー他完備、露天風呂あり。オーバーフローあり、掛け流し風。だた1点残念な事に、消毒の為に塩素を投入しており、浴槽に入った週間に塩素臭を感じる。まあ、この手の施設では仕方ないのか、自治体の指導があるのか...残念

| コメント (6)

より以前の記事一覧