« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月に作成された記事

2020年6月13日 (土)

今年のローラー移動

本来の計画では、5月30日に出発して、陸路北海道へ向けて出発していたはずだが、例の問題で計画がすべてダメになってしまった。しかしながらここの所の状況変化で、6月19日以降は移動の制限も解除される見込みとなった。
遅くなりましたが、来週ローラー移動に出発します。但し北海道までは行かない事にしました。
おおまかな行程です。
6月19日 金 自宅出発 福井県三方上中郡若狭町
6月20日 土 三方郡美浜町 鯖江市 坂井市 あわら市・加賀市
6月21日 日 能美郡/能美市 白山市 →内灘町
6月22日 月 砺波市 滑川市 魚津市 糸魚川市or上越市
6月23日 火 弥彦村 西蒲区 西区 江南区
6月24日 水 北区 北蒲原郡聖籠町 関川村 西置賜郡小国町
6月25日 木 長井市 西置賜郡白鷹町 朝日町 大江町
6月26日 金 寒河江市 河北町  舟形町
6月27日 土 鮭川村 真室川町 金山町 尾花沢市
6月28日 日 村山・(東根)・(天童)・山形・(上山) 南陽市
6月29日 月 東置賜郡高畠町 (米沢・北塩原村)耶麻郡西会津町
6月30日 火 新潟県東蒲原郡阿賀町(南蒲原郡田上町)小千谷市
7月1日 水(野沢温泉村)(木島平村)上水内郡飯綱町
7月2日 木 白馬村 (糸魚川経由)朝日町 入善町
7月3日 金(富山市)-射水市-(高岡市) 小矢部市
7月4日 土 津幡町 能登方面
7月5日 日 能登方面
7月6日 月 帰路へ

何分これから先本格的な梅雨入り。雨は降るし、暑いしの連続になりそうです。とてもこの行程通りに運用できるとは思えません。途中で運用をパスしたり、予定変更したり、めげて中断したり...まあその節はご容赦ください。

では皆様の熱いコールをお待ちしています。


| コメント (5)

今週の無線

6月5日(金)前日出発で、下心移動で山へ。大外し、何も聞こえず。

6月6日(土)和歌山県西牟婁郡上富田町。富田川堤防上の道路脇。GWが期待できるロケではない。しかしこの時期、色々な伝搬が期待できるので、こんな場所を選択。運用開始早々に北東方向のSc発生、同時に8エリアのEsもオープン。昼前まで運用し撤収。

久々に白浜温泉で入浴し、和歌山県西牟婁郡白浜町に向かう。ここでも、色々な方向から反射した電波が入ってくる。大まかな感触では、午前は東方向、昼は南西方向、夕方には北西方向である事が多いような気がする。まあEsの電離層で散乱するのだから当然とも言える。
白浜町運用中に、ついに6mでの交信数20万回に到達した。あくまでもHAMLOGの現時点でのデーター番号からではあるが、丁度20万局のピンポンはJK1SQIさん、モードはFT-8。前後賞は、JA1QJIさんとJA1UIUさんだった。
ここに至るまで、多くの交信を頂いた皆様、本当にありがとうございます。なお最多交信局はJG1TSGさんで3509回。2番目がJA1UIUさん、以下JA1GTN、JF3BDN、JA1PVI、JR2ULS、JF2WXSさんと続く。

この日の夕方には、南紀廻りで移動してきたJR2ULSさんと合流。久々の路上宴会となった。楽しかった。

6月7日(日)和歌山県日高郡日高川町。山に登れば良いロケの場所はあるが、悪路を敬遠して中途半端な場所でアンテナを上げた。この時期、昨日のようなEs Scがあるだろうと予想しての事。しかし、この日はコンディションがさっぱりで、西方向はまだしも、東は山が迫りどうしようもない。やっとの事で北方向に弱いScを見つけて、最低限のリクエストだけは消化したが、えらく苦労してしまった。

| コメント (3)

2020年6月 1日 (月)

目指せ20万交信

ここまで各地で交信数にこだわってきたのは、6mにて20万交信を達成するとという一大目標が目前に迫ってきているからである。現在多くの方と同様ログはHAMLOGを利用しているので、交信数の管理も簡単にできる。

現在のHAMLOG上の交信数は200153。この中で一時40m、20mに出た交信数が342。
200153-342=189
あと189交信にて20万交信達成なのだ。今までの実績からすると、週末土日の運用で達成する事ができる数字だ。
さて今週末は何処に行こうか。コンディションは開いてくれるか。
20万目に交信してもらえるのは誰だろう?

楽しみである。いよいよである。

| コメント (1)

今週の無線

5月29日(金)泥鰌を求めて、午後から山登り。頑張ってワッチするも、Esは北へ東へ逃げていって、ほとんどエリアには落ちて来ない。見事な空振り。

5月30日(土)そのまま山を下って南下。和歌山県日高郡由良町へ。朝早く来すぎたのか、目的の青少年の家入り口はゲートが開いてない。仕方が無いので、入り口近くの道端でアンテナ設営してしばし運用。9時になって確認すると入り口が開いていたので、目的の広場にて再設営。
やがて8エリアオープンに続いて6エリアのEs開始。西向けScで1エリアが強く入る。10時半くらいになって、突然1エリアのEsオープン。あとはもう取っては投げ、ちぎっては投げの、久々のパイルアップ。1エリアに混じって、9や2エリアからも呼ばれ、超近距離Esになった。
昼になってEsも収まってきたので撤収。交信距離を集計して見ると:
福井県大野市 320km
名古屋市守山区 220km
名古屋市南区 210km
名古屋市天白区 215km
岐阜県賀茂郡川辺町 247km
そして今回の最短距離が、愛知県津島市 203km
どうやらこの辺りが6mEsの最短距離のようだ。昔新潟県の上越市/高田市と横浜界隈のモービル局とEsで繋がった経験があるが、今回はそれを上回る近距離記録になった模様だ。それにしても凄いEsに遭遇したものだ。
和歌山県日高郡由良町(結構珍だと思う) 229交信 大戦果だった。

午後から場所を変えて、日ノ岬へ行く。
https://www.mapion.co.jp/m2/33.88272572823951,135.06233451870526,16
ここは和歌山県日高郡日高町と美浜町の境界となり、広場でアンテナ設営ができる。午後からは全国的にヨーロッパは開き、ここでもG PA OZ ON Fなどなどが受信できたが、どうもオープンが北に偏っているようで入感が安定しない。何局か呼んで見たが、パイルに負けるか、呼んでもすぐに落ちていいってしまう。結局何の成果もなく呼び疲れて惨敗...まあこんな事もある...と言うより、これがいつもの事。
お陰で国内向けがおろそかになり(ロケも国内向けではなく、国内コンディションも開かず)、あまり交信数も伸びなかった。おまけに天気予報では目が覚める頃には雨が振り始めるとか。夜のうちにアンテナ撤収しておとなしく寝ることにする。

5月30日(日)目が覚めて、雨の中をさらに南下して日高郡みなべ町へ。ところが予定していた場所にロープが張られ、中に入る事ができない。仕方なく第2ポイントで設営してみたが...なんと松阪のULS局の信号が弱い...思いの他東や北向けのロケが悪いようだ。西は目の下が海なので問題はないのだが、困ったもんだ。雨の中場所替えをする気にもならず、まあ昨日のようなコンディションを期待してそのまま運用開始。ここまで南下すると大坂の電波も弱い。
8時半頃から予定通り?7、8エリア方面のEsが始まり、同時に北東方面のScも発生。9時30分を過ぎると、昨日のように1エリアもEsになった。和歌山県の紀伊半島西側はからは、山に登れる所を除いて東に電波を飛ばすのはなかなか骨が折れる。コンディションを期待できるこの時期に来て正解だった。和歌山県日高郡みなべ町 169交信。

Esが落ち着いた昼前に撤収し、お隣の印南町に転戦する。この印南町も東方向は難敵だ。
https://www.mapion.co.jp/m2/33.810228674759635,135.2356803228956,17
印南SA近くの梅畑の中で無理やり設営し、ワッチしながら遅めの昼食。試しに電波を出してみると、何と北東方向のScが残っており、ガンガンに呼ばれる。やがてここでも、ScやらEsやら分からい程強く呼ばれるようになり、これも珍の印南町を大売り出しする事ができた。と言っても、コンディションは長続きせず、和歌山県日高郡印南町は61交信
14時40分には撤収して帰路についた。

国内向けはコンディションに恵まれ大満足。
国外向けはコンディションに見放されて空振り惨敗。

| コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »