« 今週の無線 | トップページ | 今週の無線 »

2020年5月26日 (火)

今週の無線

5月23日(土)朝から北米方面がオープンしているのを横目に、奈良県五條市の山の上へ。8時前に仮接続のままFT8をワッチしてみると、なるほどまだ北米祭りが続いている。N7ROのCQが見えたので、仮説のままでコールしてみると、あれ応答があった。でもすぐに落ちていった。今日の目的は北米方面ではないし、ここで勝負しても下界の一線級に勝てるはずも無いので、国内向けに運用開始。

ここはGWは文句無しに飛ぶのだが、8エリアのEsがオープンしており、各エリアも北東方面のScで呼んでくる。実はロケの良い場所に移動した時は、下手にコンディションが開くより、じっくりGWで勝負した方が多くの局と交信できる。但しGW圏外の局とは、やはりコンディションが無いと交信は難しい。

昼過ぎまで国内向けで運用し、午後は海外向けをワッチしてみる。しかしながらこの日は、コンディションは北に傾いていたようで、中東・ヨーロッパ方面をコールしているのは1・0エリアより北の局ばかり。3時前まで粘ってみたが、コンディションが巡ってくる気配もないのでおとなしく撤収。帰宅後3エリアでも少々ヨーロッパ方面が開いてはいたようだが、家の設備ではどうしようもない。これは仕方ない。
奈良県五條市 150交信

5月24日(日)久しぶりに和歌山県との県境にある泉佐野市のポイントに出かけてみる。天気安定していて気持ちが良い。ここは東方向のロケが良くないので、GWで多くの局と交信する事は難しい。幸い8エリアから7エリア北部のEsがオープンした。但し前日のようにScにはなっていない。やがてコンディションは南方向に移り、VU(インド)やベトナムなどの東南アジア、香港・台湾などが強力に入感。但しこちら方面にもScは発生せず、国内交信はあまり局数が伸びなかった。

午後からは北東方面に的を絞ってワッチ。実はこの場所、自分ではヨーロッパスペシャルと名付けた場所で、昔から年に1度はヨーロッパからの電波を聞くために移動していた場所で、ディジタルモード以前から実績のある場所だ。大坂方面(北から北東)は山の山頂方面でブロックされ、北西の中東ヨーロッパ方面は大阪湾に向かって障害物は無い。700m以上の高さがあるタワーの上にアンテナがあるようなもの...と勝手に思っている。

しかしながら、この日の北西向けコンディションも良くなく、まともに長時間安定して入感したのはA92HKくらいだった。その中で、一瞬ふわっとオープンし、すぐに落ちていったのがZ37CXY(マケドニア)。何とか交信できたが、うっかりよそ見していたら見逃してしまったところだ。全くラッキーだった。もちろんこれもオニュー..

その他、UN LZ HZ UX YO等、あまり信号も強くなく、この日も早々に撤収して帰宅した。もう1度くらいはこの場所で大オープンに遭遇したいものだが、なかなかそういうタイミングには巡り合わない。大阪府泉佐野市 92交信。3桁いかなかったが、1Upで満足して帰宅。

« 今週の無線 | トップページ | 今週の無線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の無線 | トップページ | 今週の無線 »