« 忘れないうちに | トップページ | 今週の温泉 »

2010年11月12日 (金)

今週の温泉

11月6日快晴

ちょっと出遅れて中国道で渋滞。予定変更でまずは岡山県備前市の閑谷学校へ。朝一番だったので一番奥の駐車場を難なくゲットできたけど、すごい車の量。観光バスも大量に来ている。シンボル?である楷の木の紅葉が真っ盛りという事もあるのだろうが、大観光地なんだぁ。学校自身はなかなか見応えがあった。

この日は、近所の備前焼はパス。丁度昼前になったので日生へ向かい、前回食べ損なった「かきおこ」に挑戦する。昼前なので大丈夫かな、と思ったが甘い。人気店は既に行列。並ばなくてもすぐに食べられる店、泉富久へ。別にまずい訳ではなく、入り口の割に席数が多い(奥で別入り口の居酒屋と繋がっいる)→行列にならない→並ぶのが好きな観光客が並ばない→ますます空き席ができる...という事だとは思うが、並ばなくても良い店があるのはありがたい。なかなか美味であった。牡蠣が10個入っている、これで¥800ならお得だ。

その後、同行者の希望で、玉野市の宇野港へ。絵手紙関係のイベントを見て回るともう夕方。ここまで来れば良い温泉に入ろう。高速を飛ばして湯原へ向かう。但し温泉は湯原では無く、ちょい下の、お馴染み真賀温泉。幕湯の料金を払ってドアーを開けると、妙齢のご婦人が着替え中。ちょっと遠慮して外で待たせてもらう。夕方という事もあってか、そこそこ混雑しているが、まあ最大6名定員?の湯舟に常時4-6人という事で、問題無く入浴。いや~やっぱりここの湯はええぞ。

ゆったりとぬる湯を楽しんでいると、2名様が新ご入場。近づいてみると、一人はおばちゃんだった。タオル隠すでもなく堂々のご入場だったので、すぐ傍にに来るまで分からなかった。まあ年齢が年齢なので、違和感はあまり無いが...

しかし...なんでここの混浴率はこんなに高いのだろう。まず100%と言っても良い。まあ良い湯という事は分かるが、ゆっくり入っておられない...

真賀温泉はええぞ...

泊まりはしばらく走って鳥取県に入った所の「道の駅 犬狭」と決定。しかし..食料を買い出そうとコンビニを捜すが、全然無い。湯原の町中にも無い。ナビで検索しても無い。いや~まだ日本(それも岡山県)にこんな所があるんだ。仕方なく湯原の酒屋でビールを調達。飯は日生で仕入れていた弁当のみとする。まあ湯は沸かせるので、何なりと食べるものはある。人気の無い静かな道の駅駐車場で宿泊。良く寝た~。

« 忘れないうちに | トップページ | 今週の温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘れないうちに | トップページ | 今週の温泉 »