« 雲南省麗江古城 | トップページ | 下痢 »

2008年1月10日 (木)

雲南省玉龍雪山

Photo_4 麗江の町から見る玉龍雪山

主峰は5596m、地球上で最も低緯度にある氷河だとか。ガイドの話では未だに未踏峰だとか。話しによると岩が脆くて登れないそうだ。確かに岩登りは手強そうだが、遠くから見た感じではルートは有りそうに感じる。神聖なる山で登山許可が出ないのかも。

Photo_5 翌日は玉龍雪山観光。上の写真から見ると、右側を回り込んで反対側からのアプローチ。

拠点まで観光バス、そこから専用バスに乗り換えてロープウェー乗り場まで。当初計画のロープウェーが工事で休止中とかで、もう一つ別のロープウェーに変更。

Photo_7 乗り場で既に3000mを越え、終点では3700mちょい。富士山に相当する高さだ。携帯用酸素ボンベを購入する人数人。確かに動くと少々息苦しい。

それにしても背景の山々は美しい。気温はそれ程でも無いが、風が吹くと流石に寒く感じる。

Photo_8 チベット寺院を前景に。主峰から大分外れた山々だけど、ドロミテ風でなかなか良い。

結局このチベット寺院が今回の最高到達点。

この玉龍雪山の反対側は、かの揚子江(中国では長江)上流部。チベットを源とし、北から南方向へ流れてきた河が、この玉龍雪山にぶち当たるようにここで大きく流れを変えて、今度は北上しているらしい。玉龍雪山から長江上流の流れまで、一気に崩れ落ちるような崖になっているらしい。イヤ~..地形好きの私としては、そっちの方に興味を引かれる。またその界隈、世界的な大河の上流部が3本も並行に走っている箇所があり、それも世界遺産になっているとか。長江、メコン、サルウィン、ええな~。また機会があれば、そっちも行ってみたいが、他にも行きたいところ一杯なので、順番が廻ってくるがどうか?

« 雲南省麗江古城 | トップページ | 下痢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲南省玉龍雪山:

« 雲南省麗江古城 | トップページ | 下痢 »